Aimer 残響散歌 歌詞

Aimerの「残響散歌」歌詞ページ。
「残響散歌」は、作詞:aimerrhythm、作曲:飛内将大です。

「残響散歌」歌詞

歌:Aimer

作詞:aimerrhythm

作曲:飛内将大

誰が袖に咲く幻花(げんか)
ただ そこに藍(あい)を落とした
派手に色を溶かす夜に 銀朱の月を添えて

転がるように風を切って
躓くごとに強くなった
光も痛みも怒りも全部 抱きしめて
選ばれなければ 選べばいい

声よ 轟け 夜のその向こうへ
涙で滲んでた あんなに遠くの景色まで響き渡れ
何を奏でて? 誰に届けたくて?
不確かなままでいい
どんなに暗い感情も どんなに長い葛藤も
歌と散れ 残響

ただ一人舞う千夜
違えない帯(たい)を結べば
派手な色も負かす様に 深紅の香(か)こそあはれ

この先どんなつらい時も
口先よりも胸を張って
抱いた夢の灯りを全部 辿るだけ
逃げ出すため ここまで来たんじゃないだろ?

選ばれなければ 選べばいい

声をからして 燃える花のように
闇間を照らしたら
曖昧過ぎる正解も譜面にして
夜を数えて朝を描く様な
鮮やかな音(ね)を鳴らす
どんなに深い後悔も どんなに高い限界も
掻き消して 残響

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

僕らの季節

JO1

冷たい風が吹いてきて淡い思い出が濃くなるよ気が...

The 5th

=LOVE

白く光る雪 薬指リング似合うと思ってたI need...

Doughnut

TWICE

手を振って背を向けた瞬間にすぐにさみしさにやら...

Color of Drops

MORE MORE JUMP!

誰かに与えられた色をまとって違う誰かを演じてきた胸...

L・A・S・T

ACTORS☆LEAGUE

Let's all sing together now...

ヴァイオレット

原田知世

揺りかごで何食わぬ顔の風明日の天気すら何もでき...

海岸線再訪

スカート

足りないピースが 多すぎやしないか元には戻りそうも...

歌詞検索lyricjp.comでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

検索: 北海道 青森県 沖縄県 東京都 大阪府 京都府 奈良県

プライバシーポリシー

lyricjp.com Copyright 2016 - 2022