鈴木みのり サイハテ 歌詞

鈴木みのりの「サイハテ」歌詞ページ。
「サイハテ」は、作詞:饗庭純、作曲:出羽良彰です。

「サイハテ」歌詞

歌:鈴木みのり

作詞:饗庭純

作曲:出羽良彰

名前を捨てた朝 戻る場所も失くしたと気がつく
何ひとつ掴めない指 ただ夢が零れ落ちた

どうして一度壊さなければ先へ進めないのだろう
一筋だけの未来の欠片

無力でいいと 立ち上がった今日が
終わりよりも 続けることを望んだ
魂に刻みつけたあなたの
懐かしい声が今も消えない

潰しても 潰しても 増える痛みが
心を黒く染めていった夜も
歩いて 歩いて 振り返ってみたら
止まない雨が洗い流していた

どうして諦めかけるたびに光は射すのだろう
暗闇だけが優しい夢を見せる

孤独なままで生きていけない だから
きっと誰もが叫びながら産まれた
魂のふるえるような日々は
いつも隣にあなたがいた

選んでは 間違う つくりかけの世界
だからこそ哀しくも美しい
最期に交わした約束みたいに

終わりでいいと 立ち止まる私を
ここじゃないだろって 突き動かす 渇望
崩れ落ちた今を繋げるあなたの記憶

無力なままで誰もが彷徨う だけど この炎は消せやしない
私は知りたかったものを探し続ける

あなたの遺した願いを叶えて 眠れるまで

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

Gifted.

BE:FIRST

記憶に刻み込まれるその匂い指先触れる度に溶ける命...

冷めない魔法

東山奈央

手慣れた調理のリズム これは魔法だと思う食材達の大...

YURA YURA

WANDS

気ままに YURA YURA と揺れながら何も考え...

ケーキみたいだ

青虫

こんな遅くにどうしたの、今日は来ないんじゃなかった...

スタードーム

シナモロール

My glitter...My glitter......

ペタルズ

岡咲美保

今日、今から私が世界の中心ですそんな思い込みや妄想...

標火

やなぎなぎ

とりとめのない言葉が溢れ歪んだ視界の端繰り返す...

歌詞検索lyricjp.comでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

検索: 北海道 青森県 沖縄県 東京都 大阪府 京都府 奈良県

プライバシーポリシー

lyricjp.com Copyright 2016 - 2022