日食なつこ うつろぶね 歌詞

日食なつこの「うつろぶね」歌詞ページ。
「うつろぶね」は、作詞:日食なつこ、作曲:日食なつこです。

「うつろぶね」歌詞

歌:日食なつこ

作詞:日食なつこ

作曲:日食なつこ

考える事を辞めてしまった真っ黒い船が海に出た
廃棄物のような理想を積んで全速力で飛び出した
胸に掲げた金ぴかのドクトリン 只一つのそいつの誇り
風になびく心とかいうものは置いてこいと教えられていた

回る灯台 その光が照らさない道を 知らなすぎた 君も確かに悪かったのさ

またも1つおんなじ形の真っ黒い船が海に出た
沖で漂う奴らと混ざってすぐに分からなくなった
それを見下す岸壁のヘッケルン 呆れ顔で吐き捨てた
「導くものはいつだって導いたその先に興味などない」

ああ僕ら 選んだのか選ばされたのか
考えたいのに未来は容赦なく押し寄せる
うつろな舟のような僕の 空っぽなはずのこの体に
爆弾のような訴えを積んで転覆しそうな今日この頃

「何だっていいから使えそうな嘘を全部積んでさっさと行け」
振り向きかけた僕らの背を誰かが無理やり押し戻す
求められるは完璧のレッテル 剥がれかけてまた貼って
風になびく心とかいうもの、忘れちゃえばもう帰れない

ああ僕ら 望んだのか望まされたのか
奪い合う日々 果たして何人が生き延びる
うつろな舟のような僕の 空っぽなはずのこの頭に
ガソリンのような感情が満ちて炎上しそうな今日この頃

黒く巨大な流れに紛れられて
こっそり安心しているそんなもんが幻だっていつ気づく?

ああ僕ら 選んだのか選はばされたのか
考えたいのさ 未来をようやく疑い出す
うつろな舟のような僕の空っぽなはずのこの体に
爆弾のような訴えを積んで反逆起こす夜明けの鐘

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

A WOO!!

Golden Child

Don Da Da Ram Don Don Da Da...

スタートライン

AiRBLUE

君の声が聴こえる全ては必然だった このドアの向...

Midnight Dancer

増田俊樹

エスカレーターのSteps 吸い込まれていくSlit...

Nothing but...

まっきーとけんた

壊れてしまうよ 大事なものほど人生とは 皮肉なもの...

流転

仲村宗悟

濁った月を見つめていたまるで心を写し出したみたいだ...

雪陽炎

丘みどり

不実でしょうか 愛していても知られたくない 顔があ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

歌詞検索lyricjp.comでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

検索: 北海道 青森県 沖縄県 東京都 大阪府 京都府 奈良県

プライバシーポリシー

lyricjp.com Copyright 2016 - 2022